オンラインカジノ詮索

オンラインカジノでクラップスのプレイ方法を知りたい

クラップスのプレイ方法

日本では知名度のそれほどないクラップスですが、欧米では非常に伝統のあるポピュラーなゲームとして知られています。2つのさいころを投げて出る目を予想するゲームで、さいころを2つ使うことから日本の時代劇に出てくる丁半ばくちをイメージする人も少なくありません。
ルールは丁半ばくちとは全く違うため、最初は戸惑う人も少なくありませんが、慣れると非常に知的なゲームです。プレイヤー自身がさいころを投げることで、出目の予想がつかないことから公正なゲームとして愛されてきました。

日本国内で遊ぶ人

実際のカジノで遊ぶことの多いのがクラップスとイメージする人も多いですが、オンラインカジノの一部でも遊ぶことができます。バカラやブラックジャックのように勝率の高さを魅力と考え、日本国内で遊ぶ人も増えてきました。
プレイ方法はさいころが投げられる前に出る目を予想してその目の枠にチップを賭ける、それだけです。多少複雑に感じるのはプレイ方法が2シリーズ制になっている点です。最初にさいころを投げてから1ゲーム終了までが1シリーズで、2回目に投げた時に勝負が判断されます。
サイコロを振る人は実店舗の場合はプレイヤーが指名され、シューターと呼ばれます。シューターは1シリーズ終わるまで投げ続け、勝負が決まったら別の人に交代です。オンラインカジノの場合は自動かディーラーが投げます。その後、投げた勝敗を予想する形で賭けますが、チップを賭ける枠にはパスラインとドントパスなど複数の枠が存在しており、シューターの勝敗を予想して賭ける形です。シューターが勝つと思えばパスライン、負けると思ったらドントパスに賭けます。
その後シューターが投げた数字や賭けた場所に応じて勝敗が決まる形です。1投目で勝敗が決まらなかったら2投目で勝敗が決まります。

クラップスでは専門用語が多少飛び交いますが、慣れれば非常にスムーズに遊ぶことのできるゲームです。
賭け方も工夫が必要となるため、頭脳戦となるところも魅力的となっています。

オンラインカジノで人気のあるポーカーのベットについて

プレイヤー同士や対ディーラーで勝負オンラインカジノの中でもポーカーは非常に人気があります。遊び方を理解するためにはベットについて理解しなければなりませんので、まずは簡単な意味と使い方を学びましょう。
基本的には対戦相手と駆け引きをしながら心理戦を楽しむゲームであり、勝敗を分けるのは冷静な判断力です。

ゲームの最初にチップを賭けることをベットと呼び、様々な組み合わせを作ってプレイヤー同士や対ディーラーで勝負を行います。基本的にはオンラインカジノではディーラーと勝負をすることになり、7枚の中から5枚のカードを選択して最も強い役を作るのがもっとも主流となっているポーカーです。

オンラインカジノで人気主流のポーカーの流れを確認すると、最初にアンティにチップを置くとゲームがスタートされ、ディールを押すとプレイヤーとディーラーにカードが2枚ずつ配られます。プレイヤーとディーラーが共通で使えるカードは3枚であり、プレイヤーは2枚の手札と3枚の共通カードが手持ちです。このタイミングでゲームを続けるかどうかの判断をし、続ける場合にはコール、ゲームを降りる場合にはフォールドを選択します。共通カードに2枚のカードが追加されるとプレイヤーの役が決まり、計7枚のカードがある状態ですが、使えるのは5枚までです。同時にディーラーのカードもオープンになり、勝負が決まります。
役としてもっとも強いのはロイヤルフラッシュで、ストレートフラッシュ、フォーオブアカインドと続きます。

ポーカーのベット基本的なルールを押さえたら、あとは何度もプレイをして色々な必勝法を実戦で学んでいくのがお勧めです。初心者の場合にはベットする額についても学ばなければなりませんが、基本的には相手の状況を見ながら必要に応じて額を調整していく必要があります。
例えば、コールして欲しい時には相手がベットできるくらいの額にして、フォールを狙っている時にはベットをするのを躊躇う位の額にします。このような場面でも心理戦が働いていて、上手く見抜かないとちょうど良い額を選べません。